“塵芥箱”の読み方と例文
読み方割合
ごみばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
Sビルディングを中心にして半径一町くらいの円の中の溝渠とか塵芥箱とか、そのほかちょっと人目につかんようなところは残らず捜してくれたまえ。
五階の窓:02 合作の二 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
その上から松の枝も見える。石灰の散った便所の掃除口も見える。塵芥箱の並んだ処もある。そのに猫がうろうろしている。人通りは案外にしい。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
縱令、都大路の塵芥箱の蓋を一つ/\開けて一粒の飯を拾ひ歩くやうな、うらぶれ果てた生活に面しようと、それは若い間の少時のことで、結局は故郷があり
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)