“塵芥溜”の読み方と例文
読み方割合
ごみため100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
警護の兵士のひとりは、先にのついた棒を持っていて、時々その人間の塵芥溜をかき回そうとするような顔つきをした。
勿論腹を腹とも思わず塵芥溜だと思って食物と名のつくものは手当り次第に口中へじ込むというのは
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
金剛石だって、高々人間が大事がってっておくもんだよ、だね。金と灰吹はるほど汚いというが、その宝を盗んで来るのは、塵芥溜から食べ荒しをほじくり出す犬と同一だね、小汚ない。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)