“綿繻子”の読み方と例文
読み方割合
めんじゅす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帯もやっぱり綿繻子で作って、をうすく、幅を狭く拵えて思いきり固く胸高に締め、半襟の布には繻子に似たものが欲しいとうので、リボンを買って来てつけたりしました。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)