“緋色繻珍”の読み方と例文
読み方割合
ひいろしゅちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
委細かまわずそのまま縁からおあがりなさって、差しおきました緋色繻珍に御着座になり、脇息に肘などをおつきなされ、尊大なる御様子にて半刻ほどお待ちねがいます。
顎十郎捕物帳:16 菊香水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)