“サテン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:さてん
語句割合
紫繻子50.0%
繻子50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は、リボンのかわりに叔母の裁ち屑箱から細い紫繻子サテン布端きれはしを見つけ出した。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)
それから数分後に寝室を出てきたビアトレスは、菫色の繻子サテンの、袖口や裾に、黒をあしらった衣服を着て、見違える程美しくなっていた。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)