“しゆす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シユス
語句割合
繻子95.5%
襦子4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その貧しい店先へ買ひものに来てゐる女の人は、もう村の人かなぞのやうな型の浴衣を着て、空色の繻子の帯を結んでゐた。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
短い黒の繻子の服を着て、それに大へんみんなに尊敬されましたから、何かの都合で書記をやめるものがあると、そこらの若い猫は、どれもどれも
猫の事務所 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
黒い黒いフランス襦子の支那服を長く身につけ、ヒスイの入歯をチラチラのぞくその桃白の下衣にその豊富なあでやかさを包む花麗春嬢。
上海の絵本 (新字旧仮名) / 三岸好太郎(著)