“じゆす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
繻子60.0%
住持20.0%
珠數20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上着白天鵞絨、眼は柘榴石、それから手袋は桃色繻子。——お前たちは皆可愛らしい、支那美人にそつくりだ。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
どこか寺のお住持さんでもやつてくれんものか、したら村當局としても後援したいと思つとつたんですが、かうしたことは人のすすめを待つてはじめてやるといふもんであつちやなりませんのでな。
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
ふしのあるきに微塵きずなきくしさをめ、れならぬ召使ひにしきをかけふにてもふかきられぬ、最初想像には子細らしく珠數などを振袖きかくし
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)