“ずず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
数珠76.5%
珠数11.8%
珠數5.9%
念珠5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
袈裟もなく、法衣もなく、数珠さえも手にしていない代り、前の人とな団扇を持って、はたはたと路傍の花を撫でながら
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
木彫りの羅漢のように黙々と坐りて、菩提樹の実の珠数繰りながら十兵衛がなき述懐に耳を傾け居られし上人、十兵衛がを下ぐるを制しとどめて、わかりました、よく合点が行きました
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
見付村役人に屆けなどする中一人の旅僧袈裟を身に水晶珠數片手を突て通りかゝりけるが此捨子を見てを止めて立寄りつゝ彼小兒なる矢立を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
本繩に掛りには水晶珠數を掛け馬にりて口に法華經普門品
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
持左の手に水晶念珠ぐり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)