“じうぢ”の漢字の書き方と例文
語句割合
住持100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其時在所の者が真言道場であつた旧地へ肉食妻帯門徒坊さんを入れるのは面白く無い、御寺の建つ事は結構だがうか妻帯をさらぬ清僧住持にしてきたいと掛合つた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
此の住持は丹波の郷士大庄屋をつとめた家の二男だが、京に上つて学問がたい計りに両親散々泣かせたで十三の時に出家し、六条の本山の学林を卒業してから江戸へ出て国書を学び
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)