“清僧”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“清僧”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
奥方の心では二人の子を持戒堅固ぢかいけんご清僧せいそうに仕上げたならば、大昔おほむかしの願泉寺時代のたヽりが除かれやう、ぬまぬししづまるであらうと思つたので
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
「さて、御僧には、清僧せいそうか、妻帯さいたいか」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)