“紺地”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんぢ57.1%
こんじ28.6%
こんのじ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先刻からいでゐた絽縮緬の羽織をまた着て、紺地茜色大名縞のお單衣と、白の勝つた鹽瀬の丸帶と、友染の絽縮緬の長襦袢とに、配合のい色彩を見せつゝ
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
男はパナマらしい帽子を紺地浴衣一枚、夏羽織も着ず、ステッキを携えている様子はさして老人とも見えなかったが、薄暗い電燈の灯影にも口髯の白さは目に立つほどであった。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
半襟は、黒に、の穂がに白い、紺地によりがらみの細い格子、お召縮緬の一枚小袖、ついわざとらしいまで、不断着で出たらしい。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)