“瑠璃紺地”の読み方と例文
読み方割合
るりこんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と彼は何気なく窓から半身を見せて庭面を眺めた、と思いがけない人——天降ったかという疑いはこんな時にであろう、島田に春の陽を浴びて、瑠璃紺地に金糸の千草を染め浮かした振袖へ
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)