“碧瑠璃”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へきるり90.9%
あおるり9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又その淵には、時々四畳半位な大きな碧瑠璃へきるりうづが幾つも幾つも渦巻いたのを、彼はよく夢心地で眺め入つた。
御堂そのまま、私は碧瑠璃へきるり牡丹花ぼたんかうちに入って、また牡丹花の裡から出たようであった。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
水の面には、生の動揺といったかたちが見えている中に、これはまた青嵐も吹かば吹け、碧瑠璃あおるりのさざれ石の間にはさまって、んまりとした死の静粛デッド・カアムネス! それでいて、眠っているのではない、どこか冴え切って、鋭く物に迫るところがある。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)