“瑠璃杯”の読み方と例文
読み方割合
るりはい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美姫の肩の柳絮を払い、べに佳酒瑠璃杯に盛って管絃に酔う耳や眼をもっては、忠臣の諫言は余りにもただ苦い気がした。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
酒泉を汲みあう客たちの瑠璃杯に、薫々夜虹は堂中の歓語笑声をつらぬいて、座上はようやく杯盤狼藉となり、楽人楽器を擁してあらわれ、騒客杯を挙げて歌舞し
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それそこの瑠璃杯でいい。——これも先ごろの御狩猟で天子から拝領の物だ。——現徽宗皇帝陛下は、絵ばかり描いておられて、とんと軍事には御心をかたむけられぬ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)