“紺無地”の読み方と例文
読み方割合
こんむじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてその時の母の服装は、いつも私の眼に映る通り、やはり紺無地帷子に幅の狭い黒繻子の帯だったのである。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
◆服装 外套は焦茶色の本駱駝で、裏は鉄色の繻子は上等の川獺。服は紺無地羅紗背広の三つ揃いで、裏は外套同様。仕立屋の名前はサンフランシスコ・モーリー洋服店と入っている。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と、話ついでに、のびあがって向こうを見ていると、オオその燕作であろう、紺無地合羽片袖をはねて手拭きふき、得意な足をタッタと飛ばして、みるまにここへけついた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)