“捧術”の読み方と例文
読み方割合
ホコユケ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氏人たちをびつどへて、弓場に精勵させ、捧術・大刀かきに出精させよう、と謂つたことを空想して居る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
あの方が壯盛りに、捧術んで、今にも事あれかしと謂つた顏で、立派なをつけて、のつし/\と長い物をいて歩かれたお姿が、あれを見てゐて、ちらつくやうだなど
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)