“捧出”の読み方と例文
読み方割合
ささげい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
枝のままなる見事なる珊瑚の椅子、紅白二脚、きは花のごとく、白きは霞のごときを、相対して置く。侍女等が捧出でて位置を変えて据えたるは、その白き一脚なり。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)