“捧誓者”の読み方と例文
読み方割合
ほうせいしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
強靱な感情と、自然にまれた叡智とをもって自然を端的に見る事のできる君のような土の子が——芸術の捧誓者となってくれるのをどれほど望んだろう。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
自分はきれいにあきらめながらどこまでも君を芸術の捧誓者たらしめたいと熱望する、Kのさびしい、自己を滅した、かい心の働きをしっくりと感じていたからだ。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)