“めす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:メス
語句割合
47.9%
44.7%
牝馬1.1%
1.1%
女襦袢1.1%
牝犬1.1%
雌性1.1%
雌鳥1.1%
雌鶏1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鵞鳥を。二の鵞鳥を。薄いめな土坡の上に、の方は高く首をげてい、はその雄に向って寄って行こうとするところです。
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、洞穴の外で異様なり声がした。わが棲家のうちの怪しき気ぶりに鏡のような眼をぎすまして帰って来た小虎の親のだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こっそり失敬して来たのさ、持主の野郎めが、命にかけても手放そうとしやがらねえものだからね。おれはそいつに薄栗毛の牝馬
「じゃあ、薄栗毛の牝馬を買い給え。」
夫はマア御愛惜い事然樣は成程御道理恩を受て恩を知ぬは人でなしとは云ものゝ力業にもかぬは金の才覺うか仕樣が有さうな者と夫婦は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ノズドゥリョフの話では、それはもう盲らになっていて、間もなくばるに違いないけれど、二三年前までは実に素晴らしい牝犬だったとのこと。
自分の所有でない雌性に対しては決して乱暴をしない事。人猿以外の敵に対しては一同団結してうこと、食物は一時に貪らず一ヵ所に集めて貯える事……これらが主なるものであった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして、やがて完全ってしまいますと、雌鳥についてみました。ばころには、もはやつばめの子供がなくようになりました。太郎はかわいくてたまりませんでした。
つばめの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
主人の小山不思議そうに「受精しない玉子とはどういうだ」中川「雄鶏と交尾しないで雌鶏ばかりで産んだのさ」主人
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)