人間灰にんげんかい
赤沢博士の経営する空気工場は海抜一千三百メートルの高原にある右足湖畔に建っていた。この空気工場では、三年ほどの間に雇人がつぎつぎに六人も、奇怪なる失踪をした。そして今に至るも、誰一人として帰って来なかった。 ずいぶん永いことになるので、多分 …
作品に特徴的な語句
かたわ とっ うご 新仏にいほとけ りゅう せん はず ひろ 扮装なり 捷径はやみち おびや あず 北岸ほくがん いと 口惜くやし 墓標ぼひょう 大喝たいかつ はま 引込ひきこ 彼奴きゃつ あや えつ かか まず 捕縄ほじょう 湖口うみぐち うなず いちじる 一喝いっかつ 丁度ちょうど これ また 人肉じんにく ほとけ 住居すまい 便宜べんぎ 先登せんとう 冥想めいそう 初産ういざん わか たた 可笑おか 周章あわ 唖然あぜん しゃべ わめ 嘲笑あざわら 地均じなら 地声じごえ ほか おびただ 失踪しっそう 奔騰ほんとう ふる 妖魔ようま 宿下やどさが 居睡いねむ くず 広重ひろしげ ついで 引擦ひきず 従姉いとこ たちま うら おそ ことごと 憤慨ふんがい 挨拶あいさつ たずさ 散華さんげ 昂奮こうふん 杜撰ずさん くい 林檎りんご しら よこた なぐ 洋盃コップ 湖口ここう 湖尻うみじり たた たま 滾々こんこん くぐ 濛々もうもう