“ろう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ロウ
語句割合
31.4%
17.5%
10.0%
9.6%
8.3%
4.3%
2.5%
2.5%
2.2%
1.8%
1.7%
1.4%
1.2%
0.7%
0.6%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
0.1%
0.1%
大牢0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
権勢や名誉や物欲のために、恥を忘れて狂奔し、やっきとなって卑劣な術策をする人たちにも、彼は同じことを問いかけたかった。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そののように艶のある顔は、いくぶん青褪めてはいたけれど、形のいい弾力のある唇は、まるで薔薇の花片を置いたようにかった。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この寄場はではないと云い、その扱いも牢にいる罪人とは慥かに違うが、いずれにせよ、世間から隔離されるだけの理由があった。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
投げ柴の火光などが火のとなって入り乱れているあいだを、金鼓、矢うなり、突喊のさけび、たちまち、耳もせんばかりだった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして再び身慄いに襲われた。なぜならば、やかに化けた女狐のように——草の根にいていた女は、野で見るには、余りに美しい。
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八のくしながら、せた眼先を、ちらとかすめたのは、をいれて使うという、近頃はやりの紅色糠袋だった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
では、おさせていただきます。したが、あなたさまは何で先程からわたくしの足元ばかりごじてでございます。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
わたくしは芸林に遊ぶものの往々社を結び党を立てて、するを揚げ与せざるを抑えようとするものを見て、之を怯となし、となすのである。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
とか、とか、とか風流な名をつけた豪商の寮や、料理屋が、こんもりした樹立ちのなかに、洒落た屋根を見せている。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
甘いすすり泣きに一しいんとなったかと思うと、あまりにも早いうちに、のどこかで衆僧の呼ぶ声がここの男女を驚かせた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日頃我儘気性の彼女だったが、弟を殺された一郎に同情したものか、快くこのをとって支配人の承諾を得させたのであった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
白いかたわれ月はたけて黄にって来る。ほのかに白い白帝城を、私の小さい分身の子供が、立ってって仰いでいる。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
」は彼のイデア——美しきものの実体観念——だった。それ故に彼の俳句は、すべての色彩を排斥して、枯淡な墨絵で描かれている。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
を得て、またすぐ何か、蜀を望まん。わが軍の人馬も疲れている。まあ、もうすこし休息させる必要もあろう」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし昔は人のこの病を恐るること、を恐れ、を恐れ、を恐るるよりも甚だしく、その流行のなるに当っては、社会は一種のパニックに襲われた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その者は窮貧の生活を営み、十三をやしないて渡世をなしおれりとぞ。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
その下には髪毛から首のあたり——胸から爪先へかけて、一面に紅玉に包まれて、のように血の気を失った濃紅姫の死骸が仰向けに横たわっております。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
しかし何よりも不満なのはお遊さんのにあるあの「たけた感じ」がない、お遊さんよりずっと位が劣って見える
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
となるぞ、兩親ありながら大目てあらきをかけたるく、大切がる樣子しきに、けば養女にもあらず親戚にてはもとよりく、なる身賣りの當時
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
毎夜のように母屋のどこかで演じられるがわしい馬鹿さわぎを怨みもせず、内坪の北の隅にある別棟の曹司で六人の子供を育てながら、庭の花のうつりかわりを見て
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
種の羊西海にづ、羊の臍を以て土中にえ、ぐに水を以てす、雷を聞きて臍系生ず、系地と連なる、長ずるに及び驚かすに木声を以てすれば、臍すなわち断ち、すなわち能く行き草を噛む
低いが、として洩るるおずさみをきいて、藤房もすぐこうんだ。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たる暑き魔睡……重く、いみじく
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
二寸四方の小さな鉄碪を溶かすアルコールランプとがあればよい。その鑞は、以前は樹脂と油煙とで作られていて、一斤四フランもしていた。
腕環には、付けにしたブリキの自在環の代わりに、はめ込んだブリキの自在環をつけることを発明しました。その方がきれいで、品もよく、価も安いのです。
「日頃にもない平馬。そのがわしさは、何事だ」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
博士をわざ/\するまでもかつたので、これは古代葬坑で、横穴通稱するもの。調べたら全國るかもれぬ。
大牢のあった方のを埋めて、その側の表に面した方へ、新高野山大安楽寺身延山久遠寺と、村雲別院と、円光大師寺の四ツの寺院建立し、以前の表門の口が憲兵屯所で、ぐるりをとりまいたが
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
鼠(ねずみ)の上の処はなり。しかるにこの頃の字を書く人あり。後者は蠟獵臘などの字のにて「ろふ」「れふ」の音なり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
それを野犬が、向うじゃと言ってたが、やはり野犬ですな。掘り出してくわえて河床に持って来たんだ。何かの事情で、犬はその腕をそこに置き去りにしたんだね。
狂い凧 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
(とうとうにおれははいった。それでもやっぱり、お日さまは外で照っている。)山男はひとりでこんなことをやいて無理にかなしいのをごまかそうとしました。
山男の四月 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
いまわが呉は、孫将軍が、父兄の業をうけて、ここに三代、地は六郡の衆を兼ね、兵は精にし、豊山となし、海を煮て塩となす。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
築山をって覗かれる花畑にはジキタリスの細い頸の花が夢の焔のように冷たくいく筋もゆらめいていた。早出の蚊を食おうとぬるい水にもんどり打つ池の真鯉——なやましくたけき六月の夕だ。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
船藏がついくつて、安宅丸古跡ですからな。いや、ういへば、遠目鏡つたで……あれ、ごじろ——と、河童囘向院墓原惡戲をしてゐます。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)