“おぼろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.5%
朦朧1.5%
0.5%
昏然0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よいあんばいに、がさし昇って来ましたから、ここに立ったままでも絵図をさすように、この上の院のお墓、御影堂、観月亭。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雨晴れて月朦朧の夜にちび筆の軸を伝つてのみ、そのじくじくした欲情のしたたりを紙にとどめ得た。『雨月』『春雨』の二草紙はいはばその欲情の血膿つたあとの故紙だ。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
基督其の他の先覚の人格を信じ、若しくは彼等が偉大なる意識を証権として、其れに依りうてげに形づくりたる者、その多きに居りし也。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
もて見る如く昏然なり、然れど彼の時(キリストの国のわれん時)には