“朧夜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おぼろよ92.7%
ろうや7.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のようにあった、うすい斑紋も消えているし、血あぶらにかくれていたも、朧夜の空のように、ぼうっと美しく現れていた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
和作は三高時代に読んだ、「朧夜や顔に似合はぬ恋もあらん」といふ句をふと思ひ出した。そして歩きながら月の在処を凝つとた。
朧夜 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
ただ銘刀の刃紋のうような朧夜の雲が空いちめんにっていて、その雲の明るみから見ても、どこかに月のあるような空ですが、月のありかは分らない晩です。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
刃紋朧夜の雲に似るれ、の青さを吸って散らすかとばかりかがやかしい、鵜首作りの鋩子に特徴のある太刀のは——まず相州系新藤国光とみてまちがいはない。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)