“刃紋”の読み方と例文
読み方割合
はもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ銘刀の刃紋のうような朧夜の雲が空いちめんにっていて、その雲の明るみから見ても、どこかに月のあるような空ですが、月のありかは分らない晩です。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なるほど。そうして刃紋の具合はどうじゃな」
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
あやしむべし、ジッとをこらしている刀の刃紋へ、ありありと、人間の顔らしいものが映った。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)