“錵”の読み方と例文
読み方割合
にえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のようにあった、うすい斑紋も消えているし、血あぶらにかくれていたも、朧夜の空のように、ぼうっと美しく現れていた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いいやいや。れて刃みだれざるは上作なりと申す。およそ直刃に足なく、位よきは包永新藤五千手院粟田口——。」
寛永相合傘 (新字新仮名) / 林不忘(著)
盲目であった竜之助には、その刀の肌を見ることができません。も匂いもそれと見て取ることのできるはずがございません。けれども