“千手院”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんじゅいん75.0%
せんじゆゐん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいやいや。れて刃みだれざるは上作なりと申す。およそ直刃に足なく、位よきは包永新藤五千手院粟田口——。」
寛永相合傘 (新字新仮名) / 林不忘(著)
もう二年越しも、きびしい鹿垣の中に一切の出入りを禁じられている千手院の森だった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
して呉れろと云棄追駈く此掃部と云ふ者はより武邊の達者殊に早足なれば一目散に追行所に重四郎は一里餘りも退たりしがより駈來人音有り定めて子分の奴等が來る成らんと深江村の入口に千手院と云ふ小寺有り住持は六十餘歳の老僧にて佛前に於て讀經
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)