“ろうや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
牢屋52.3%
老爺31.1%
牢舎7.6%
瑯琊3.0%
朧夜2.3%
牢獄0.8%
牢舍0.8%
獄舎0.8%
琅邪0.8%
籠屋0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕御飯がすむと、お気に入りの松さんの車で、ソロソロと、牢屋の原の弘法大師へ祖母は参詣にゆく。ある時は毎晩のように出かける。
かばかりのせた畑もこの老爺が作るらしかった。破れた屋根の下で、牧夫は私達の為に湯を沸かしたり、茶を入れたりしてくれた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
これは病室だけではなく医員の部屋も同じことだが、病人たちは牢舎に入れられたようだと云っているそうだ、病人ばかりではなく、医員の多くもそんなふうに思っているらしいが
郷里は、瑯琊の南陽(山東省・泰山の南方)であります。亡父は諸葛珪と申して、泰山の郡丞を勤めていましたが、私が洛陽の大学に留学中亡くなりました。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
刃紋朧夜の雲に似るれ、の青さを吸って散らすかとばかりかがやかしい、鵜首作りの鋩子に特徴のある太刀のは——まず相州系新藤国光とみてまちがいはない。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
果して屈静源は有司に属して追理しようとしたから、王廷珸は大しくじりで、一目散に姿をしてしまって、人をたのんでを入れ、別に偽物などを贈って、やっと牢獄へ打込まれるのをれた。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
八沢の牢舍を出たもの、証人として福島の城下に滞在したもの、いずれも思い思いに帰村を急ぎつつあった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
獄舎がれるなどうことは良心にさえしいいならばしも恐怖るにらぬこと、こんなことをれるのは精神病相違なきこと、と、うてここにらぬのでもいが
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
琅邪代酔編』二に拠れば、董勛の元日を鶏、二日を猪などとなす説は、漢の東方朔の『占年書』に基づいたので、その日晴れればその物育ち、ればいありとした。
籠屋の奉行をば石出帯刀と申す。しきりに猛火もえきたり、すでに籠屋に近付しかば、帯刀すなはち科人どもに申さるるは、なんぢら今はやき殺されん事うたがひなし。まことにふびんの事なり。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)