“手寄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たよ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手寄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
了休禅坊とは在俗中も出家後も懇意に致居りましたを手寄たよりに、御尋致しましたるところ、御隔意無く種々御話し下され、失礼ながら御気象も御思召おぼしめしも了休御噂の如く珍しき御器量に拝し上げ、我を忘れて無遠慮に愚存など申上げましたが
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
銀子の父親はちょうどその時分、やくざの世渡りを清算し、同じやくざ仲間で、いくらか目先の見える男が、東京で製靴せいかの仕事で、時代の新しい生活を切り開き、露助ろすけ向けの靴の輸出を盛大にやっていたのを手寄たより、そこでその仕事をおぼえ、田舎いなかへ帰って小さな店をもっていた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)