“旧唐書”の読み方と例文
読み方割合
くとうじょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
虚譚のようだが全く所拠なきにあらず、『旧唐書』に払菻国羊羔ありて土中に生ず、その国人その萌芽を伺い垣をらして外獣に食われぬ防ぎとす。