“旧臘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうろう83.3%
きうらふ11.1%
くれ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
詩の作者頼三樹三郎のことで、旧臘廿五日、頼は梅田雲浜老女村岡ら三十余人とともに京師から護送されて、正月九日江戸着
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
旧臘幕府暴政之節被戮候者祭祀迄被仰出候由、既に死候者は被為祭、生きたる者は被戮候而者、御政体不相立御儀と奉存候。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
戯作者山東庵京伝は、旧臘から筆を染め始めた黄表紙「心学早染草」の草稿が、まだ予定の半数も書けないために、扇屋から根引した新妻のお
曲亭馬琴 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)