“頼三樹三郎”の読み方と例文
読み方割合
らいみきさぶろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
詩の作者頼三樹三郎のことで、旧臘廿五日、頼は梅田雲浜老女村岡ら三十余人とともに京師から護送されて、正月九日江戸着
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「小塚ッ原で、京都の梅田雲浜頼三樹三郎、橋本左内、その他、京都の志士が、首を並べて、斬られるそうだ」
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
頼山陽の息子さんの頼三樹三郎なんぞという人も、たしか東照宮の燈籠が憎かったと見えて、それを刀で斬りつけて、ついにまって自分の首を斬られるような羽目になりました。
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)