“与三郎”の読み方と例文
読み方割合
よさぶろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清洲の城は、川向うの彼方に小さく見えていた。隊の中には、この尾張四郡の領主、織田備後守信秀の弟にあたる織田与三郎がいた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その中でも一番熱心なのは、手代の金助という三十男と、与三郎という二十三の若造と、それから佐久間の倅の二十四になった伊太郎でした。
「長頼は、先鋒に立て。利秀内膳は第二隊に。第三隊には、利益光之与三郎などをもって組み、第四隊は、利長の手勢にまかすぞ」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)