“与三”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よさ77.8%
よぞう22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外に立っている男は、唐桟の襟のついた半纏を着て、玄冶店与三もどきに、手拭で頬かむりをしたがんりきの百蔵であります。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そして緋毛氈の上へ的台のかわりになってあぐらをくみ、なにか与三もどきに暴言を吐いておりますと
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なおその後、十兵衛三厳は、忠明の剣の玄妙に深く感じ、父の門人村田与三って、もちの木坂の彼の道場を訪れ
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
村田与三は、納戸役であるが、しかし、今は肥後へ行っている柳生家の嫡孫兵庫とは、好敵手だといわれた者である。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)