剣の四君子けんのよんくんし05 小野忠明05 おのただあき
「松坂へ帰ろうか。松坂へ帰ればよい師にも巡り会えように」 典膳は時々考えこむ。彼も迷い多き青年の二十歳へかかりかけていた。 郷里伊勢の松坂は武道の府であった。世に太の御所とよばれた国主の北畠具教卿は、卜伝直系の第一人者であった。その権勢、そ …
作品に特徴的な語句
そち かなわ がた くそ じき 退 いず がけ ぬかず したた じん かたわ たもと せき とせ じゅん ざい とど はず しか 肥肉ひにく さん まな 素振すぶ くれない かん 年歯としは 平常へいぜい つまびら つい はじ わら 相添あいそ 叩頭こうとう ぐせ ナカ もと 此方こっち ともな 其方そのほう すさ 公重きみしげ にべ うすず こら ひそ いくさ ひる 抜打ぬきう たきぎ ぬぐ きょ 与三よぞう あるじ あつ 馬糞まぐそ かめ 飛入とびい さつ 故郷くに 突如とつじょ なか しず ただ かたち さかん 足跡そくせき いえ しか まろ えが はずかし しば とき やか さまた わろ くら かえ 歿ぼっ 此方こなた 囈言たわごと
題名が同じ作品
剣の四君子:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名)吉川英治 (著)
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名)吉川英治 (著)
剣の四君子:04 高橋泥舟 (新字新仮名)吉川英治 (著)