“抜打”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬきうち66.7%
ぬきう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抜打”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸6.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と倒れて起上ろうとする所を、早く大刀のつかに手をかけると見えましたが抜打ぬきうちに織江の肩先深く切付けたから堪りません。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
うかゞう傳助の素頭すこうべを、すぽんと抜打ぬきうちにしましたが、傳助はい面の皮。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
多門はそう言って抜打ぬきうちに女の肩さきをりつけ、返す刀でもう一度はねようとしたが女はばったりと横になると、くるっと縁の下へころがり、そしてその姿は見えなかった。
ゆめの話 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
抜打ぬきうちに、弥五郎の背へ。
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)