剣の四君子けんのよんくんし04 高橋泥舟04 たかはしでいしゅう
熟れた柿が落ちている。何のことから始まったのか、柿の木の下で、兄弟は取っ組み合っていた。 小さい謙三郎は、手もなく、兄の紀一郎に投げつけられて、強かに背を大地へ打ちつけた。 「よくも投げたな」 恥辱だと思うのだ。武士の子だ。転びながらも歯軋 …
作品に特徴的な語句
かぎ ひと やれ 莞爾にこ うつ 此方このほう なかれ したた こうべ はから ふさ ほどこし ゆる 夢現むげん もと 遺言いげん かえ らん 湿うる なつ さん こら 厳寒げんかん めい そむ うめ さつ 土塊どかい おと ひそ 満々まんまん 可憐いじら つき 泥舟でいしゅう あざな あつ まろ しつ 精魂しょうこん いわ 幾年いくとせ 引分ひきわ 判者はんじゃ いたずら くり しん けん あけ 悲愁ひしゅう じょう さかん とき 脱殻だっかく おろ 二月きさらぎ たしか 戸外おもて 掻消かきき 荒繩あらなわ うつつ 凡愚ぼんぐ 凍天とうてん しび なお ひとみ 破戸やれど 神厳しんごん とり はかな ほど 突仆つきたお 突忽とっこつ 竹刀しない 筑後ちくご はし 精励せいれい 累代るいだい 組頭くみがしら ののし 仮借かしゃく 聴講ちょうこう 脆弱ぜいじゃく 脾腹ひばら ほか 草埃くさぼこり 草床くさどこ 錚々そうそう
題名が同じ作品
剣の四君子:01 序 (新字新仮名)吉川英治 (著)
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名)吉川英治 (著)
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名)吉川英治 (著)
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名)吉川英治 (著)