“雲浜”の読み方と例文
読み方割合
うんぴん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「小塚ッ原で、京都の梅田雲浜頼三樹三郎、橋本左内、その他、京都の志士が、首を並べて、斬られるそうだ」
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
梅田雲浜、吉田松陰、橋本左内、頼三樹三郎を始め多くの勤皇家が惨殺された安政の大獄や、その報復としての桜田門外の井伊大老襲殺の壮挙があつて
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
此時安藤が梅田雲浜の門人であつたので、梅田の未亡人が其間に周旋した。以上の事は上野南城の話として森田思軒が記してゐる。此変遷の年月は不詳である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)