“大根畠”の読み方と例文
読み方割合
だいこんばたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ宵の口で、大根畠小格子といっている湯島の遊女屋へ行くぞめきの客が歩いている。
鈴木主水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
先妻は葛西小岩井村の百姓文左衞門の娘で、大根畠という処に淺井様と云うお旗下がございまして其の処へ十一歳から奉公をして居りましたから、江戸言葉になりまして、それに堅い人で
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そのころ湯島ではもう大根畠の方の下宿屋を引き払っていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)