“黒塀”の読み方と例文
読み方割合
くろべい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒塀、クレーンと、ビール工場の高窓、箱詰め器械、それかち貨物駅と、これだけのものは次から次へとつながっているのだ。
地獄街道 (新字新仮名) / 海野十三(著)
一方廣庭んだ黒板塀で、向側平家押潰れても、一二尺距離はあらう、黒塀眞俯向けにつた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
皆は黒塀の鏡に影法師をうつして、ふしぎそうにのぞきこみました。眼や口や鼻までそっくり見えて、向こうにも同じ生きた子供たちがいるようなんです。
影法師 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)