“大和島根”の読み方と例文
読み方割合
やまとしまね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
法縁によって、——大和島根にまで遥々その仏典や根本教義など、すべてを舶載して来て、この国の土に新しい文化を築き、この国の民の体血をとおして
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天つ神のから滴る潮の大和島根を凝り成して以来、我々の真に愛するものは常にこの強勇の持ち主である。常にこの善悪の観念を脚下に蹂躙する豪傑である。
僻見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
少なくとも大和島根の方では、南北両面の海辺づたいに、久米という氏族の次々と移住していった昔の痕跡をめているに対して、奄美大島にも沖縄の主島にも
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)