“枯々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かれ/″\66.7%
かれがれ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“枯々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
枯々かれ/″\とした裏庭うらにはて、とうさんたちは『シヨクノ』のあそびにするこまかさがしたり
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
障子しやうじを開けて眺めると、例の銀杏いてふ枯々かれ/″\こずゑへだてゝ、雪に包まれた町々の光景ありさまが見渡される。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
——すべてのその枯々かれがれとした中で、みるかぎり、どこにも人のいるらしい影はなかった。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)