“ちりば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.3%
3.3%
0.8%
0.8%
鏤刻0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
象眼の模様から、めてあるダイヤモンドの大きさまで。それは、彼女に取ってかけ替のない、たった一つの時計ではなかったのか。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
丘の兵隊屋敷は点々と燈火をめてゆく
動員令 (新字新仮名) / 波立一(著)
空には滴る星の光がめられ園林の葉枝は夜風を迎え始めた。
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
此等一人らず數多菱形金剛石鏤刻めて、兵士じやうに二になつていてました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
絹の上衣、刺繍のしてあるチヨキ、帯革に金剛石をめた靴、この総ては随分立派で、栄耀に慣れた目をも満足させさうに見える。己の目の火のやうな特別な光も人をふには十分だ。
復讐 (新字旧仮名) / アンリ・ド・レニエ(著)