阿難と呪術師の娘あなんとじゅじゅつしのむすめ
人物 釈尊、阿難、目連、呪術師の老女、老女の娘、外道の論師、市の人々、諸天、神将達、大勢の尼僧。 場所 舎衛城内外。 (舎衛城郊外の池、呪術師の娘水を汲みに来り、水甕を水に浸せし儘、景色に見入りて居る。) 娘——(独白)光は木々の葉に戯れ、 …
作品に特徴的な語句
調ととのえ くるし おぎな なや 焦慮いらだ しぶ ひきい じき ちりば 引退しりぞ ふさ ぬく 退しりぞ しゅく がん ただち てん 就寝じゅしん あざわら かす ただ さいな まっと あし じょう 如何どう 命令いいつ 不束ふつつ はん ひざま 甲冑かぶと こが ざま くい ゆだ かえっ すすき こまね そこな おのずか たしか おび ばか 赤紅しんく 侏儒しゅじゅ きま 弓箭ゆみや かたち ゆる せき わざわ もら こいし 仇敵きゅうてき やぶ 塵埃じんあい わずか あく すがた いの 狡猾こうかつ つる あつ 八臂はっぴ ここ いろ 般若はんにゃ 生恥いきはじ 自惚うぬぼ かしこ しび 胡蝶こちょう 胡座あぐら しか 羅刹らせつ ののし つぐな またた つい ひも すこや にら 粗忽そこつ くぼ