“ほる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば春の雪はとくるもはやし、しかれども雪のふかき年は春も屋上やねのうへの雪をほることあり。
これをつくに雪をほる木鋤こすきを用ふ、力にまかせて擢ゆゑにそらにあがる㕝甚高し。
わび禅師乾鮭からざけに白頭の吟をほる
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)