“おしろい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白粉95.3%
御白粉0.9%
鉛粉0.7%
粉面0.5%
紅粉0.5%
花粉0.2%
白粧0.2%
白紛0.2%
0.2%
粉白0.2%
紫茉莉0.2%
脂粉0.2%
鉛白0.2%
鉛華0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血だらけ、白粉だらけ、手足、顔だらけ。刺戟の強い色を競った、夥多の看板の中にも、そのくらい目を引いたのは無かったと思う。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
丸で御白粉ける時の手付と一般であつた。実際彼は必要があれば、御白粉さへけかねぬ程に、肉体にを置く人である。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
細流ある所にいたれば紅唇粉面哥妓紅裩る、花姿柳腰美人等わらじをはいて水をわたるなどが江戸の目にはらしくあり。酔客ぢんくをうたへば酔妓歩々る。
葉子はのまじった紅粉をほとんど使わずに化粧をした。の両側と目のまわりとの紅粉をわざと薄くふき取った。を入れずに前髪を取って、束髪を思いきり下げて結ってみた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
花粉花簪児を売っている化粧品店がそのちかくにあった。そこには一人の老婆がいて店頭に腰をかけていた。世高はそこへ入って往った。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
老婆の施十娘は、文世高からもらった銀子をしまい、午飯をって、新しくできた花粉と珍しい花簪児を持って劉家へ往った。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その時は白粧をつけてゐてはいや
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
伯父の家というのは、愛宕下の薬師の裏通りのごたごたした新道にある射的屋であった。島田髷に結って白紛をべったり塗って店にっていたのが、宝沢の従妹に当たるお玉であった。
暴風雨に終わった一日 (新字新仮名) / 松本泰(著)
小翠はただ首を垂れて微笑しながら手での隅をむしりだした。夫人がいってしまうと小翠はもういたずらをはじめて、元豊の顔をでくまどって鬼のようにした。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
粉白粉だとて、わざわざ舶来品を買ひなさらんと……」
少年 (新字旧仮名) / 神西清(著)
築山陰野路を写せるを行けば、蹈処無く地をの乱れひて、草藤金線草紫茉莉の色々、茅萱穂薄露滋
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
飲むまいとするほど、執拗にからまれるので、庄次郎も、赤くなって、せまい湯屋の裏だの脂粉の香のもれる窓先だのを
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とある軒先に佇んでいる真白に鉛白をつけた女をふと庄吉は見た。そして一度逢った金さんの妹の事を思い出した。どうやら横顔が似てる様にも思えてきた。彼は立留って、じっと其姿を見守った。
少年の死 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
やかな黒髪を惜気もなくグッと引詰めての束髪、薔薇花挿頭したばかりで臙脂めねば鉛華けず、衣服とても糸織の袷衣に友禅と紫繻子の腹合せの帯か何かでさして取繕いもせぬが
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)