“舶来”のいろいろな読み方と例文
旧字:舶來
読み方割合
はくらい95.5%
はくれえ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『女だってそのくらいな楽しみがなけりゃ仕様がない』そう云って、舶来のいいいのする煙草を買って来ては彼女に吸わせました。
途上 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「さあ、愈々出世の手蔓が出来かかつたぞ。明日は一つあの殿様のお顔を、舶来石鹸のやうにつるつるに剃り上げて呉れるんだな。」
その時分までは何でもカンでも舶来舶来ってんで紅茶でも何でもメード・イン・毛唐でねえと幅が利かねえのがだってんで……。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)