“天花粉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんかふん66.7%
あせしらず33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お銀も袂をまくりあげて、それを手伝った。やがてタオルで拭かれた子供のあかい体には、まだらに天花粉てんかふんがまぶされた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
食用または薬用にするのはその果実で、根の澱粉はいわゆる天花粉てんかふんである(郷土一巻四号)。
食料名彙 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
久助が出て行ったので、彼女は夕化粧をし、お燕の額にも、天花粉あせしらずをたたいてやっていた。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)