“三十一文字”の読み方と例文
読み方割合
みそひともじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹田は詩書画三絶を称せられしも、和歌などはならず。画道にて悟入せし所も、三十一文字の上には一向き目がないやうなり。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
三十一文字なりに現われたり、感情があって、しかして後に平仄の文字が使用されるのだが、あの子供のは全然それが逆に行っています。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かつて優雅なる三十一文字によって、表現していたような情熱と感覚とを、織り込もうとしていたものと思われるのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)