“十文字”の読み方と例文
読み方割合
じゅうもんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に塙団右衛門直之は御幣十文字をふりかざし、槍のの折れるまで戦った、樫井の町の中に打ち死した。
古千屋 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
総角十文字、それにも真行草の三通り有った。流儀々々の細説は、写本に成って家に伝わっていた。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
狐のきましたのも、天狗のきましたのも、あるいはまた、何とも名の知れない、妖魅鬼神の憑きましたのも、あの十文字の護符を頂きますと、まるでの葉を食う虫が
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)