“葉間”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はあい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“葉間”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして傾斜地を埋めた青黒い椴松とどまつ林の、白骨のように雨ざらされたこずえが、雑木林の黄やあか葉間はあいに見え隠れするのだった。
熊の出る開墾地 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
樹木の葉間はあいにばたばたと山鳥が飛び回った。
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)